使い方

リライトの使い方

リライトの使い方 使い方

リライトと聞くと、既存記事の修正というイメージをもつ人も多いでしょうが、本機能は新規記事の執筆にも活かせます。

新規記事・既存記事で効率良く上位表示を目指すために、リライトの使い方を見ていきましょう。

リライトの使い方

リライトを開き、リライトしたい本文を入力します。

 

同時に取り込みたいキーワードがある方は下の入力窓に、リライト時に取り込みたいキーワードを入力します。

 

関連キーワードを入力しなかった方は執筆を、関連キーワードを入力した方は関連KWありで執筆をクリックします。

 

リライトされた文章が出力されます。

リライトの活用方法

本機能は単なる言い換えをできるかぎり避け、話題そのものを膨らませた文章を生成するようにプロンプトを組んでいます。

そのため活用方法の幅が広く、既存記事へのリライトはもちろん、新規記事にも活用いただけます。

既存記事

よくあるケースとして、メインコンテンツの厚みが薄く、サブコンテンツに厚みが寄ってしまっているケースがあります。

そういった場合には、メインコンテンツの文章をリライトにかけることで、メインコンテンツに適切な厚みをもたせられるようになります。

また、リライトを行うことで話題が広がるケースもあるため、そこから新たなh3やh2を派生させた展開も可能です。

メインコンテンツにしっかりとした厚み、階層がない人はぜひ実施ください。

新規記事

本ツールの本文執筆機能を利用して本文を執筆するのも良いですが、ときにはご自身が他で運営されているサイトなど、参照元のメディアが存在するケースもあるでしょう。

そういった場合は、当該見出しの文章をリライトにかけることで、同じ方向性の本文を執筆できます。

単なるコピー文章になっていないか必ずチェックしていただきたいものの、そういった利用方法も可能です。

リライトを積極的に行おう

既存記事でも新規記事でも、本機能の利用シーンは多くあります。

参考にしたいメディアがあって、方向性を合わせた執筆をしたいケースで特に役立つでしょう。

あまりリライトをしたことがないという人も、本機能ならボタンひとつで文章のリライトが行なえますので、この機会に挑戦していただければと思います。

TOP