AIライティングツール

Creative Drive(クリエイティブドライブ)の評判&口コミ|シンプルツールで効率化

クリエイティブドライブの評判と口コミ AIライティングツール

Creative Drive(クリエイティブドライブ)は、簡単シンプルな機能でSEO記事を自動的に生成してくれるAIライティングツールです。

ブログ記事生成のためのAIツールを導入するにあたっては、利用者の口コミや評判もチェックしておきたいですよね。

このページでは、Creative Driveの口コミから分かる評判やメリット・デメリットをまとめて解説します。

数あるAIライティングツールの中から、あなたの利用用途や目的に合った最適なツールを選ぶのにお役立てください。

Creative Driveの良い評判&口コミ

Creative Driveを実際に利用している、経験者のレビューを集めました。まずは良い口コミから、気になる評判をチェックしていきましょう。

10分でボリュームのある記事を生成してくれる

キーワードを入力するだけで8,000文字もの記事を生成してもらえると、アイデアが浮かばない時にも大いに役立ちますね。

有料プランでも余裕で元が取れる

副業でのブログ運営は時間のやりくりに苦慮するものですが、Creative Driveは数個のキーワードを指定するだけで、スピーディーに記事を生成してくれます。量産可能となれば、収益アップに貢献してくれる可能性もアップします。

リライトが苦じゃなきゃ神

多機能で操作が複雑なAIライティングツールも存在しますが、Creative Driveは誰でも感覚的に操作できる超シンプル設計。使い方が簡単で、サクサク記事生成できれば、後はキーワード選定と校正をがんばるのみですね。

簡単操作で誰でも簡単に長文を作成できる

Creative Driveは、SEOの知識やスキルがなくても簡単操作で検索エンジンの上位表示を目指せる記事を生成できます。「SEOとは?」というレベルの初心者ブロガーにとっても便利で、強い味方となるでしょう。

ライターさんいらなくなるかも

x.com

AIツールの到来は様々な職業の方から仕事を奪うと懸念されていますが、Creative Driveもライターさんの需要を減らす可能性がありますね。ライターさんの出番が少なくなれば、依頼者側では経費削減に役立ちます。

Creative Driveの悪い評判&口コミ

Creative Driveを利用した方による悪い口コミについても調査しました。

具体的にどういった経験がマイナス評価になっているのか、その理由も含めて詳しく見ていきましょう。

精度が低い気がする

Creative Driveは、キーワード指定のみで長文コンテンツを生成してくれるのが魅力ですが、精度が低く、見出しや本文が的外れでは残念ですね。

完全にブログ特化でそれ以外には使えない

Creative Driveは、キーワードに添って記事タイトルや記事構成、記事本文等を生成する機能のみを搭載したAIライティングツールです。マーケティングや既存記事のリライト等の機能を求める方は、ほかのツールの検討をおすすめします。

見出しの追加ができない

パーツごとの生成で融通が効かないと十分に要望を満たせずに残念な結果となってしまいます。どのような機能が必要なのか、どのようにツールを活用したいのか、自分なりのニーズを把握して比較検討することが重要ですね。

Creative Driveを導入するメリット

良い口コミが多く見られるCreative Driveはどんな点で優れているのか、導入するメリットを詳しく見ていきましょう。

SEO特化で5,000~10,000文字生成

Creative Driveは、SEO特化という強みをもつAIライティングツール。

競合サイトで勝ち抜いていくには、基本的なSEO対策が欠かせません。

Creative Driveには、ChatGPTとの組み合わせで独自のSEOノウハウによる記事生成機能も搭載されており、SEO戦略を意識した記事を5,000~10,000字のボリュームで生成してくれます。

文字数の多い記事からは、自身で執筆するときには思いつかなかったような表現やアイデアも拾えます。サイト運営の効率化はもちろん、ライティング能力の向上にも貢献してくれるでしょう。

無料プランあり

Creative Driveには、無料プランがあります。

無料プランでも1記事生成可能な10クレジットが毎月付与され、GPT-4 Turboでの記事生成が可能です。

有料プランには、割安料金で利用できるお得な年払いプランも用意されています。

簡単シンプルな操作性

Creative Driveの機能は、非常にシンプル。

キーワードを指定してワンクリックで記事を生成するか、キーワードからタイトル、見出し、リード文等のステップに添って本文生成に進んでいくか、いずれかの方法を選んで操作するだけです。

キーワード選定さえできれば、後はCreative DriveがSEO効果の期待できるコンテンツを簡単ステップで自動生成してくれます。

生成した記事の保存も可能です。

Creative Driveを導入するデメリット

Creative Driveは優秀なAIライティングツールですが、導入前に知っておきたい注意点もあります。

マイナス面も把握しておきましょう。

パーツごとの生成不可

Creative Driveは簡単操作で記事をカスタム生成できますが、以下のステップ通りでしか生成できない仕組みとなっています。

  1. キーワード入力
  2. タイトル生成
  3. 要素生成
  4. 見出し生成
  5. リード文生成
  6. 本文生成

タイトルだけ、見出しだけ、リード文だけといったパーツごとの生成には対応しておらず、順番どおりでないと次のステップに進めないのが難点です。

ユーザー側でタイトルや見出しを用意している場合でも、1のキーワード入力からスタートする必要があり、無駄にクレジットを消費するしかありません。

外注で、ライターさん向けに見出しのみ生成したいようなケースにも対応しにくいでしょう。

記事本文のみ生成できるワンクリック記事生成の機能もありますが、これはキーワード指定からダイレクトに記事を生成するシステムです。タイトルや記事構成の指定には対応しておらず、検索意図とずれた内容での記事制作になる可能性もあります。

パーツごとに効率よくコンテンツ生成を進めたい方は、ラクリンをチェックしてください。簡単操作で利用したい機能のみ選んで利用できます。

料金プランが高め

Creative Driveの料金プランは最安で月額10,000円。無制限の使い放題プランもありますが、こちらは月額50,000円です。

費用は全体的に高めで、どちらかといえば個人ブロガーやブログ初心者向けというより、企業向けといえるでしょう。企業の業務軽減策として導入するのであれば、費用対効果も期待できます。

割安価格で利用できるお得な年払いプランも用意されていますが、年間のコスト負担も少なくありません。

無料プランを利用して、自分の利用用途に合っているか判断してから、年払いプランを検討するといいでしょう。

Creative Driveの料金プランについて詳しくは後述しますが、すぐに確認したい方は以下リンクからジャンプできます。

Creative Driveの料金プラン

加筆修正が必要

AIライティングツール全般に共通することですが、Creative Driveでもやはり生成された記事の校正など、Web公開前の確認・改善作業は必要です。

Creative Driveは5,000文字~10,000文字と非常にボリューミーな記事を生成してくれますが、時には無駄な部分の削除作業も必要となるでしょう。

Creative Driveに搭載されている自然言語処理モデルはGPT-4 Turboであり、学習データは2023年4月までです。最新の情報については、人間の手による加筆修正が欠かせないことを理解しておく必要があります。

ちなみに、GPT-3.5やGPT-4は2022年1月までの学習データしかもっていません。Creative DriveはGPT-4 Turbo搭載ですので、加筆修正の手間は比較的簡単に済ませられます。

Creative Driveの機能一覧

Creative DriveはGPT-4 Turbo搭載で、以下の2つの記事生成パターンが用意されています。いずれの機能もシンプルで、生成した記事の保存も可能です。使い方で悩むことはないでしょう。

機能 内容
ワンクリック記事生成 キーワードを設定してワンクリックで記事を生成
カスタム記事生成 タイトル作成、キーワード、見出し等、6つのステップに添って記事を生成

Creative Driveの料金プラン

Creative Driveには、無料プランと3つの有料プランが用意されています。無料プランはクレジットカード不要で会員登録可能。いずれのプランも、GPT-4 Turboでの記事生成となります。

Creative Driveの料金プラン 月額料金(税込) 年払い料金(税込) サービス内容
Free 永久無料
  • 30クレジット(3記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
Standard 10,000円 年額90,000円
(7,500円/月)
  • 100クレジット(10記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート
Professional 25,000円 年額225,000円
(18,750円/月)
  • 300クレジット(30記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート
Premium 50,000円 年額450,000円
(37,500円/月)
  • 無制限使い放題
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート

Creative Driveの提供会社

会社名 株式会社chipper
代表者 十時悠径
設立年月日 2017年2月
事業内容
  • CreativeDrive事業
  • 新規事業プロジェクト開発
  • D2C商品企画・立ち上げ支援
  • インフルエンサー事業
  • ソリューション型開発
  • 資金調達支援
  • Proof of Concept(概念実証)

AIライティングツール一覧

今回ご紹介したツール以外にも、下記のようなAIライティングツールが人気です。

順位 ツール名 AIバージョン 無料
プラン
有料プランの料金
(税込)
1


ラクリン GPT-4o 月額4,980円~
2
User Local AI WRITER GPT-4
(要アカウント作成)
完全無料
3
Transcope GPT-4 月額11,000円~
4
Bring Ritera GPT-3.5/4o 月額550円~
5
SAKUBUN GPT-3.5/4 月額10,780円~
6
Creative Drive GPT-3.5/4 Turbo 月額10,000円~
7
Catchy GPT-3 月額3,000円~
8
EmmaTools GPT-4 月額2,728円~
9
ブンゴウ GPT-3 月額2,700円~
10
note AI アシスタント(β) GPT-3 月額500円~
11
AIブログくん 不明
(記載なし)
月額4,900円~

Creative DriveはシンプルかつSEOに強いツール

Creative Driveはキーワードを用意するだけで記事本文を自動生成してくれる、SEO特化型のAIライティングツールです。ブログ記事の生成を目的としたツールで、余計な機能はありません。

難しい操作も必要ないので、誰でも簡単に人工知能による記事生成を体験できます。

Creative Driveには無料プランも用意されています。気軽に試しながら比較検討して、自分のニーズに合った適切なツールを選び、生産性を高めていきましょう。

Creative Drive公式サイト

TOP