AIライティングツール

AIライティングツールおすすめランキングTOP11|ブログ作成が捗る文章作成ツール!

AIライティングおすすめランキング AIライティングツール

「記事のライティングがなかなか進まない」

ブログやサイト運営などWeb業界に携わる方であれば、誰しも一度はこんな経験があるのではないでしょうか。

記事執筆における悩みを抱える中でAIツールに興味をもち、利用を検討している方も少なくありません。

世界中で注目度も人気も高いChatGPTを使ってみたものの、AIとの会話が噛み合わず、自分には向いていなかったと感じた方もいらっしゃるでしょう。

AIライティングツールは登場して間もないですが、驚くほどのスピードで進化を遂げています。

ここでは多数あるツールの中から、記事作成を本当に効率化してくれる、ChatGPT搭載のAIライティングツール11選をまとめて紹介します。

記事執筆をパワフルにサポートして成果につながる起爆剤となってくれるような、自分に合ったツールを選んで活用してください。

  1. AIライティングツールのおすすめランキングTOP11
    1. 1位 ラクリン(RakuRin)
    2. 2位 User Local AI WRITER(ユーザーローカルAIライター)
    3. 3位 Transcope(トランスコープ)
    4. 4位 Bring Ritera(リテラ)
    5. 5位 SAKUBUN(サクブン)
    6. 6位 Creative Drive(クリエイティブドライブ)
    7. 7位 Catchy(キャッチー)
    8. 8位 EmmaTools(エンマツール)
    9. 9位 ブンゴウ
    10. 10位 note AI アシスタント(β)
    11. 11位 AIブログくん
  2. AIツール初心者向けの上手なツールの選び方
    1. ChatGPTのバージョン
    2. 日本語対応
    3. テンプレ型
    4. 用途・目的
    5. 料金
    6. 操作性
    7. サポート
  3. AIツールの無料と有料の違いは?
    1. 無料AIツールと有料AIツールを比較
    2. 無料ツールはこんな人におすすめ
    3. 有料ツールはこんな人におすすめ
  4. AIライティングツールを利用するメリット
    1. 手間や時間を削減
    2. アイデアやネタ探しもできる
    3. コストを削減
  5. AIライティングツール利用時のデメリットと注意点
    1. コピペチェックや目視チェックが必要
    2. 情報が古い場合がある
    3. 信ぴょう性の確認が必要
    4. プロンプト生成が難しい
  6. AIライティングツールを生かすコツ
    1. 人の手で完成させる
    2. AIの癖や伝え方を把握する
    3. AIとタッグを組んでコンテンツの質を向上させる
  7. AIライティングツールについてよくある質問
    1. AIライティングでSEO対策できる?
    2. 無料ツールでもライティングに役立つ?
    3. AI記事で気をつけることは?
    4. AI記事はSEOで不利?
  8. AIライティングツールを味方につけて効率アップ

AIライティングツールのおすすめランキングTOP11


AI(ChatGPT)搭載のライティングツールはいくつもありますが、搭載しているAIのバージョンや機能、料金など、その内容は多種多様。

使い勝手や精度の高いツールを選択するためにも、比較検討しつつ無料プランから使ってみるのがおすすめです。

まずはおすすめの11のツールをまとめて見てみましょう。いずれも無料プランや無料お試しがあります。

順位 ツール名 AIバージョン 無料
プラン
有料プランの料金
(税込)
1


ラクリン GPT-4o 月額4,980円~
2
User Local AI WRITER GPT-4
(要アカウント作成)
完全無料
3
Transcope GPT-4 月額11,000円~
4
Bring Ritera GPT-3.5/4o 月額550円~
5
SAKUBUN GPT-3.5/4 月額10,780円~
6
Creative Drive GPT-4 Turbo 月額10,000円~
7
Catchy GPT-3 月額3,000円~
8
EmmaTools GPT-4 月額2,728円~
9
ブンゴウ GPT-3 月額2,700円~
10
note AI アシスタント(β) GPT-3 月額500円~
11
AIブログくん 記載なし 月額4,900円~

※執筆時点におけるChatGPTの最新バージョンは、GPT-4oです

AIライティングツール選びで重要な要素となる、ChatGPTのバージョンについて詳しくは後述します。いますぐ各バージョンの違いをチェックしたい方は、以下リンクからジャンプできます。

ChatGPTのバージョン

ここから、ツールの詳細を1つずつ詳しく紹介します。

1位 ラクリン(RakuRin)

AIライティングツール「ラクリン(RakuRin)」

ブログ記事生成に特化したAIライティングツール「ラクリン」は、最新のGPT-4oを搭載しています

最新バージョンのAIによる事前学習機能で、人間らしい高精度なブログ記事やタイトル、見出し、リード文等の生成が可能です。

シンプルで初心者にも優しい仕様ながら、キーワード検索機能、潜在ニーズの探索機能等も備えており、SEO効果を向上させる要素の挿入にも対応しています。

AIツールでは、利用者数を限定しているサービスが多いですが、ラクリンはアカウントを複数人で共有可能。チームでの作業時もコスパよく導入できます。

ツール概要

項目 概要
運営会社 3社共同運営

  • 株式会社makuri
  • 株式会社アルル制作所
  • ジジックス
ChatGPTのバージョン GPT-4o
アピールポイント
  • 最新バージョンのAI「ChatGPT-4o」搭載
  • ブログ記事作成に特化したAIツール
  • 事前学習機能
  • アカウント共有可能
機能
  • 本文作成(単体見出し)
  • 本文作成(階層見出し)
  • キーワード提案
  • タイトル作成
  • 見出し作成
  • リード文作成
  • まとめ文作成
  • ディスクリプション作成
  • リライト
  • FAQ構造化データ
  • Pros and cons構造化データ
サポート 公式LINEによる使い方サポートあり

料金プランとサービス内容

ラクリンの料金は、フリープランからプラチナプランまで4種あり、料金とサービス内容は以下のとおりです。

ラクリンの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
フリー 永久無料
  • 全機能利用可能
  • 20,000トークン/月
    (約1記事)
シルバー 4,980円
  • 全機能利用可能
  • 200,000トークン/月
    (約10記事)
ゴールド 9,980円
  • 全機能利用可能
  • 600,000トークン/月
    (約30記事)
プラチナ 29,980円
  • 全機能利用可能
  • 2,000,000トークン/月
    (約100記事)

フリープランはクレジットカード登録不要、永年無料です。

フリープランも含め、全プランで全ての機能を制限なく利用できます。

最新バージョンのGPT-4oでアイデアを広げ、SEOに強いブログ構築を分かりやすくサポートしてくれます。

2位 User Local AI WRITER(ユーザーローカルAIライター)

完全無料で使えるUser Local AI WRITERは、非常にシンプルなAIライティングツールです。

アカウント登録なしでの利用も可能ですが、無料アカウントを作成してアクセスするだけで、GPT-4版を利用できます。登録無しでのChatGPTのバージョンについては記載がありませんが、無料登録のみでGPT-4版が使えるので、試す価値ありでしょう。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社ユーザーローカル
ChatGPTのバージョン GPT-4
(要アカウント作成)
アピールポイント
  • ChatGPTに加えて独自の関連語AI搭載
  • 長文記事作成が可能
  • GPT-4搭載で無料
機能
  • 記事作成
  • タイトル作成
  • アウトライン作成
  • クイック作成(アカウント登録会員のみ)
  • 生成記事保存(アカウント登録会員のみ)
サポート なし

料金プランとサービス内容

User Local AI WRITERは無料ツールで、執筆時点で有料プランはありません。完全無料ですが、アカウント登録するかしないかで、利用できるツールのGPTバージョンが異なります。

User Local AI WRITERの料金プラン 月額料金 サービス内容
アカウント登録なし 無料 AIによる記事生成
(GPTバージョン記載なし)
アカウント登録会員 無料
  • GPT-4による記事生成
  • 生成記事保存

アカウント登録すると、生成した記事の保存機能も利用できます。

User Local AI WRITER公式サイト

3位 Transcope(トランスコープ)

Transcope(トランスコープ)

GPT-4搭載のAIライティングツール Transcopeは、企業向けのサービス。SEOに特化し、競合分析等の機能も備えています。

企業情報を学習させ、企業の特徴を踏まえた記事を作成したり、社内文章を作成したりといった使い方も可能。

テキスト以外にも、画像・音声・URL等による入力にも対応しています。

ツール概要

項目 概要
運営会社 シェアモル株式会社
ChatGPTのバージョン GPT-4
アピールポイント
  • SEOに強いAIライティングツール
  • 企業向けツール
機能
  • コンテンツ生成
  • 競合分析を基にしたAIライティング
  • 見出し構成から長文の生成予約
  • 競合分析を基にしたAIリライト
  • SEOに最適なキーワード提案
  • 手入力された文章の自動誤字脱字チェック
  • 各種チェック機能
  • 検索順位調査
  • 自社情報を学習してのコンテンツ生成
サポート カスタマーサクセスチームによるサポート

料金プランとサービス内容

Transcopeには、ベーシックからエンタープライズまで3つのプランがあります。

無料プランはありませんが、1週間のお試しが可能です。

Transcopeの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
Free 無料
利用期限:1週間
  • 4,000文字生成
  • 一部機能制限あり
  • 検索順位調査の登録3ワード
  • 競合分析3回
  • キーワード選定3回
  • 情報学習10,000文字
  • 文字起こし5分まで
Basic 11,000円
  • 50,000文字の生成/月
  • 全機能利用
  • 検索順位調査10ワード
  • ドキュメント数無制限
  • 競合分析無制限
  • キーワード選定無制限
  • 情報学習10,000文字
  • 内部リンク提案月3回
  • 文字起こし5分まで
Pro 38,500円
  • 250,000文字の生成/月
  • 全機能利用
  • 検索順位調査100ワード
  • ドキュメント数無制限
  • 競合分析無制限
  • キーワード選定無制限
  • 情報学習10,000文字
  • 内部リンク提案無制限
  • 文字起こし5分まで
Enterprise 66,000円
  • 600,000文字の生成/月
  • 全機能利用
  • 検索順位調査1,000ワード
  • ドキュメント数無制限
  • 競合分析無制限
  • キーワード選定無制限
  • 情報学習10,000文字
  • 内部リンク提案無制限
  • 文字起こし5分まで

文字数追加や情報学習追加等のオプションも用意されています。

Transcope公式ページ

4位 Bring Ritera(リテラ)

Bring Ritera(リテラ)

SEOコンサルティング会社が開発したAIライティングツール Bring Riteraは、GPT-4oを搭載。GPT-3.5とGPT-4の切り替えが可能です。

SEOで記事を上位表示させるためのアドバイスもしてくれます。

ツール概要

項目 概要
運営会社 BringFlower
ChatGPTのバージョン GPT-3.5/4
アピールポイント
  • SEOに特化したAIライティングツール
  • 最新のChatGPT-4oを搭載
  • 検索意図を踏まえて網羅的な記事を生成
機能
  • 記事本文生成
  • 記事上位獲得のアドバイス
  • タイトル・見出し生成
  • スマートフォンでの記事生成
サポート お問い合わせフォームあり

料金プランとサービス内容

Bring Riteraには、フリープラン以外に4つの有料プランがあり、機能はどのプランも同じです。フリープランは最初の20リテラのみの利用に限定され、追加付与はありません。

Bring Riteraの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
フリー 無料
  • 20リテラ上限/月(GPT-3.5利用で1記事生成)
  • 記事生成
  • 見出し生成
  • SEO上位獲得のアドバイス
ライト 550円
  • 40リテラ上限/月(GPT-4利用で1記事生成)
  • 記事生成
  • 見出し生成
  • SEO上位獲得のアドバイス
スタンダード 3,300円
  • 250リテラ上限/月(GPT-4利用で10記事生成)
  • 記事生成
  • 見出し生成
  • SEO上位獲得のアドバイス
プロ 9,900円
  • 800リテラ上限/月(GPT-4利用で35記事生成)
  • 記事生成
  • 見出し生成
  • SEO上位獲得のアドバイス
エンタープライズ 33,000円
  • 2,800リテラ上限/月(GPT-4利用で120記事生成)
  • 記事生成
  • 見出し生成
  • SEO上位獲得のアドバイス

エンタープライズプラン以上の上限を希望する場合は、個別対応も可能です。

Bring Ritera公式ページ

5位 SAKUBUN(サクブン)

SAKUBUN(サクブン)

SAKUBUNは、マーケティング重視のAIライティングツール。

GPT-3.5とGPT-4を搭載しており、バージョン切り替えが可能です。

100種以上のテンプレートで、ブログ記事のほかSNS投稿文や広告文、You Tubeの構成案等の作成が可能です。

ツール概要

項目 概要
運営会社 NOVEL株式会社
ChatGPTのバージョン GPT-3.5/4
アピールポイント
  • 101種類以上の日本語テンプレート
  • ペルソナ等の条件設定
  • チーム機能
機能
  • ブログ記事生成
  • 広告文生成
  • SNS投稿文生成
  • メルマガ文章生成
  • 商品紹介文生成
  • 動画構成案
  • 問い合わせへの返信
  • マーケティングフレームワーク
サポート お問い合わせフォームあり

料金プランとサービス内容

SAKUBUNには、フリープランと3つの有料プランがあります。

SAKUBUNの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
無料トライアル 7日間無料 10万文字上限
Standard 10,780円 101種以上のテンプレート
カスタムテンプレート
自動記事作成機能30記事分
GPT-4利用10万文字まで/月
GPT-3.5利用無制限
プロジェクト無制限
ペルソナ無制限
AIエディター無制限
3ユーザーまで
メールサポート
Pro 32,780円 Standardプランの全て
自動記事作成機能100記事分
GPT-4利用30万文字まで/月
GPT-3.5無制限
10ユーザーまで
Enterprise 54,780円 Proプランの全て
自動記事作成機能無制限
GPT-4利用100万文字まで/月
GPT-3.5無制限
20ユーザーまで
オンライン会議によるサポート

無料トライアルは1ユーザーのみの利用ですが、有料プランでは3ユーザーまでの共有が可能です。

SAKUBUN公式ページ

6位 Creative Drive(クリエイティブドライブ)

Creative Drive(クリエイティブドライブ)

Creative Driveは、GPT-4 Turbo搭載のSEO特化型AIライティングツール。

タイトルやキーワードなどステップに添って記事生成するほか、キーワードを入力して実行ボタンを押すだけのワンクリックで、SEOを意識した記事見出しから本文まで作成してくれる機能も備えています。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社chipper
ChatGPTのバージョン GPT-4 Turbo
アピールポイント
  • SEOに特化したAI記事生成ツール
  • AIテクノロジー✕SEOノウハウで簡単SEOライティング
機能
  • 本文生成
  • ワンクリック記事生成
  • カスタム記事生成
  • SEOキーワード選定
  • 上位コンテンツ調査
  • 記事設計
  • コンテンツ設計
  • ブラッシュアップ
  • エラーチェック
  • 画像・リンク配置
サポート チャットサポート(有料プランのみ)

料金プランとサービス内容

Creative Driveには、フリープランを含む4つのプランがあります。異なるのは付与されるクレジット数のみで、利用できる機能に違いはありません。ただしチャットサポートが利用できるのは有料プランのみです。

新Creative Driveの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
Free 永久無料
  • 30クレジット(3記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
Standard 【月額プラン】
10,000円
【年額プラン】
年額90,000円
(7,500円/月)
  • 100クレジット(10記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート
Professional 【月額プラン】
25,000円
【年額プラン】
年額225,000円
(18,750円/月)
  • 300クレジット(30記事)
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート
Premium 【月額プラン】
50,000円
【年額プラン】
年額450,000円
(37,500円/月)
  • 無制限使い放題
  • カスタム記事生成
  • ワンクリック記事生成
  • コピペチェック
  • チャットサポート

Creative DriveではフリープランでもGPT-4 Turboの機能を利用可能で、執筆時点では通常10クレジット(1記事)のところ、30クレジット(3記事)作成できます。

Creative Drive公式ページ

7位 Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)

AIライティングツールとして知名度の高いCatchyは、GPT-3を搭載。

100種類の生成ツールがあり、記事生成はもちろん、キャッチコピーやYou Tubeの企画など、幅広いライティングにも対応しています。

しかしながら、搭載されているバージョンはGPT-3のため、情報がかなり古く、生成文章の精度も低いため、現状SEO記事の作成には不向きと言わざるを得ません。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社デジタルレシピ
ChatGPTのバージョン GPT-3
アピールポイント
  • AIで10倍速の記事作成
  • 100種類の生成ツール
  • 全プランで全生成ツール利用可能
  • あらゆるマーケティングシーンを網羅
機能
  • 生成ツール
  • 記事制作
  • You Tube企画生成
  • 事業計画生成
  • プレスリリース生成
サポート
  • 【Starterプラン・Proプラン】チャットサポート
  • 【Enterpriseプラン】チャット&ビデオサポート

料金プランとサービス内容

Catchyにはフリープランと、3つの有料プランがあります。

Catchyの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
Free 永久無料
  • 全生成ツール利用可能
  • 10クレジット/月
  • 1プロジェクト
  • (1クレジットあたり300~500文字)
Starter
  • 100クレジット→3,300円
  • 200クレジット→6,270円
  • 300クレジット→8,910円
  • 全生成ツール利用可能
  • 100クレジット~300クレジット/月
  • (1クレジットあたり300~500文字)
  • クレジットの単発購入(追加購入)可
Pro 10,780円
  • 全生成ツール利用可能
  • 無制限使い放題
  • プロジェクト無制限
Enterprise 要問合せ
  • 全生成ツール利用可能
  • 無制限使い放題
  • プロジェクト無制限
  • 独自生成ツール作成可能

フリープランから上位プランまで、全てのプランで全生成ツール利用可能です。

Catchy公式ページ

8位 EmmaTools(エンマツール)

EmmaTools(エンマツール)

SEOのスコアリングをしてくれるEmma Toolsは、GPT-4を搭載しています。

記事生成をしつつ、SEO対策でかかる手間や課題を効率的に処理してくれるツールです。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社EXIDEA
ChatGPTのバージョン 記載なし
アピールポイント
  • スコアリング技術で記事のSEO品質を可視化
  • 文章生成AI搭載
機能
  • 記事生成
  • タイトル生成
  • SEOスコアリング機能
  • コピー率チェック機能
  • 関連キーワード表示
  • EmmaAnalytics(企業向け「Team+」プランのみ)
サポート
  • なし
  • 企業向け「Team+」プランのみサポートチャットあり

料金プランとサービス内容

以前は法人向けプランのみだったEmma Toolsで、個人向けプランがリリースされました。個人と法人でそれぞれ2つのプランが用意されています。

EmmaToolsの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
for Personal 【月額プラン】
2,728円/月
【年額プラン】
2,178円/月
  • AI出力文字数無制限
  • 1ユーザー
  • 5プロジェクト/月
  • スコアチェック無制限
  • 関連キーワード表示20個
  • コピー率チェック月5回
  • AIライティング
  • 14日間無料トライアル
for Personal+ 【月額プラン】
7,678円/月
【年額プラン】
6,578円/月
  • AI出力文字数無制限
  • 1ユーザー
  • 20プロジェクト/月
  • スコアチェック無制限
  • 関連キーワード表示50個
  • コピー率チェック無制限
  • AIライティング
for Team 【月額プラン】
33,000円/月
【年額プラン】
27,500円/月
  • AI出力文字数無制限
  • プロジェクト無制限
  • ライターアカウント3
  • スコアチェック無制限
  • 関連キーワード表示100個
  • コピー率チェック無制限
  • AIライティング
for Team+ 【月額プラン】
71,500円/月
【年額プラン】
63,800円/月
  • AI出力文字数無制限
  • プロジェクト無制限
  • ライターアカウント3
  • スコアチェック無制限
  • 関連キーワード表示100個
  • コピー率チェック無制限
  • AIライティング
  • EmmaAnalytics
  • 14日間無料トライアル

for Personalとfor Team+のプランでのみ、14日間のお試し利用が可能です。

年額プランは、月額プランと比較して11~21%(プランによる)割安な料金で利用できます。

EmmaTools公式ページ

9位 ブンゴウ

ブンゴウ

クレジットカード登録不要の無料プランがあるブンゴウは、記事の構成から本文作成までをサポートしてくれる、AIライティングツール。

AIバージョンはGPT-3で、記事生成に特化しています。

記事作成に特化したツールとはいえ、GPT-3という古いバージョンのため、生成文章のクオリティは相対的に低いです。

2024年6月現在では、SEO記事の作成には向いていないと言えるでしょう。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社Sprout
ChatGPTのバージョン GPT-3
アピールポイント
  • 記事作成特化のAIライティングツール
  • AIが数秒で文章を生成
  • 豊富なライティングバリエーション
  • 見出しを元に文章生成
  • SEOキーワードに合わせたアウトライン生成
機能
  • 記事生成
  • タイトル生成
  • 目次生成
サポート チャットサポート
(プレミアムプランは優先サポート)

料金プランとサービス内容

ブンゴウには3つの有料プランがあり、料金とサービス内容は以下のとおりです。

ブンゴウの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
ライト 2,700円
  • 初回クレジット付与20回分
  • 生成ツール使用回数100回/月
  • 全生成ツール利用可能
  • コミュニティ参加
スタンダード 4,800円
  • 初回クレジット付与20回分
  • 生成ツール使用回数250回/月
  • 全生成ツール利用可能
  • コミュニティ参加
プレミアム 9,800円
  • 初回クレジット付与20回分
  • 生成ツール使用回数無制限
  • 全生成ツール利用可能
  • コミュニティ参加

ブンゴウでは無料お試しが可能ですが、初回クレジット付与20回分のみの利用に限定され、クレジットの追加はありません。

ブンゴウ公式ページ

10位 note AI アシスタント(β)

note AI アシスタント(β)

クリエイター向けのメディアプラットフォーム「note」で利用できるAIライティングツール note AI アシスタント(β)は、現在開発中のシステムです。

GPT-3搭載のAIが、noteに投稿する記事の構成や本文書き出し、タイトル作成等をサポートしてくれます。

β版ですが、noteも無料で利用できるため、アカウントをおもちの方は試してみるといいでしょう。

ツール概要

項目 概要
運営会社 note株式会社
ChatGPTのバージョン GPT-3
アピールポイント
  • note利用の全クリエイターが利用可能
  • noteでの文章作成をサポート
  • 33種の機能を搭載
機能
  • 記事アイデア・構成・書き出し提案
  • タイトル・見出し提案
  • 表現の調整
  • 翻訳
  • プロフィールテンプレート
  • 用語説明の追加
  • 類語提案
  • 記事要約
  • SNS投稿用要約
  • レビュー
  • まちがい検索
  • 各種テンプレート(note pro限定)
  • 炎上リスク確認(note pro限定)
サポート note proプランのみ運営サポートあり

料金プランとサービス内容

note AI アシスタント(β)は、noteの無料会員と有料のnoteプレミアム会員で、利用できる回数が異なるほか、企業向けのプランも用意されています。

note AI アシスタント(β)の料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
無料会員 永久無料
  • AIアシスタント(β)利用5回まで/月

【基本機能】

  • 記事アイデアの提案
  • タイトル・構成・見出し案
  • 冒頭文提案
  • プロフィール文生成
  • 書き換え提案
  • 類語提案
  • 要約・まとめ生成
  • レビュー
  • 翻訳
noteプレミアム 500円
加入月は無料
  • AIアシスタント(β)利用100回まで/月
  • 無料会員と同様の基本機能
  • 月額制による記事販売の申し込み
  • 共同運営マガジン機能
  • 予約投稿機能
  • つくれるマガジン数アップ
  • コメント欄のオンオフ機能
  • 数量限定販売
  • 販売価格の上限アップ
  • Amazonウィジェット連携
  • You Tube動画表示追加
note pro 月額88,000円
加入月は無料
  • AIアシスタント(β)利用回数無制限
  • 無料会員と同様の基本機能
  • 独自ドメイン利用可能
  • Amazonウィジェット連携
  • 独自ロゴ・テーマカラー設定
  • メニューカスタマイズ
  • アナリティクスβ版
  • メンバー権限管理機能
  • プレスリリースの構成提案
  • イベント告知作成
  • 炎上リスクの確認
  • note pro アナリティクスβほか

noteプレミアム会員は、note AI アシスタント(β)の機能以外にも、note内の各種特典機能を利用できます。

note AI アシスタント(β)公式ページ

11位 AIブログくん

AIブログくん

AIライティングツール AIブログくんは、GPTバージョンの記載がありませんが、旧称PowerPost AIはGPT-4搭載でした。

記事生成はもちろん、ワードプレスへの投稿や投稿時の画像挿入まで自動化してくれるAIライティングツールです。

ツール概要

項目 概要
運営会社 株式会社リンクウェイ
ChatGPTのバージョン 記載なし
アピールポイント
  • ブログ運営をAIで自動化
  • あらゆる記事テーマに対応可能
機能
  • 記事自動作成
  • 記事の自動投稿
  • キーワード分析
  • 画像自動挿入
  • Googleへの自動通知
  • 参照記事のURL表示
  • タグの自動設定
サポート お問い合わせフォームあり

料金プランとサービス内容

AIブログくんには、3記事生成可能な無料トライアルがあります。有料プランは、法人向けプランを含めて3種類用意されています。

AIブログくんの料金プラン 月額料金(税込) サービス内容
無料 無料
  • 3記事生成
  • 画像挿入
  • タグ自動生成
  • Googleへのインデックス自動送信
  • 検査キーワード分析
  • キーワード追跡
Lite 【月間プラン】
8,200円/月
【年間プラン】
4,900円/月
  • 15記事/月まで生成
  • 画像挿入
  • タグ自動生成
  • Googleへのインデックス自動送信
  • 検査キーワード分析
  • キーワード追跡
Starter 【月間プラン】
16,500円/月
【年間プラン】
9,900円/月
  • 50記事/月まで生成
  • 画像挿入
  • タグ自動生成
  • Googleへのインデックス自動送信
  • 検査キーワード分析
  • キーワード追跡
Unlimited 82,500円/月~
要問い合わせ
  • Starterプランの全機能
  • 記事生成無制限
  • 自社データベースとの接続
  • ワードプレス以外への投稿対応
  • 定例会議による持続的改善
  • 記事構成・トーンの調整
  • プロライターによる記事チェック

有料プランLiteとStarterの2つのプランは、月間プランと年間プランがあり、年間プランにすると約40%OFFと大幅な割安料金で利用可能です。

AIブログくん公式ページ

AIツール初心者向けの上手なツールの選び方


AIツールは多数あり、機能もそれぞれに異なります。何に注目して選べばいいのか迷ってしまいますよね。

ライティングツールを初めて利用する方に向けて、ツール選びで失敗しないためのチェックポイントを紹介します。

ChatGPTのバージョン

ChatGPTのバージョンは新しいものほど数字が大きく、執筆時点での最新バージョンはGPT-4o。バージョンが上がるにつれ、より自然な文章を生成してくれます。

ChatGPTのバージョン リリース日 学習データ 最大トークン数
GPT-4o 2024年5月14日 2023年12月まで 最大128,000トークン
GPT-4 Turbo 2023年11月6日 2023年12月まで 最大128,000トークン
GPT-4 2023年3月14日 2022年1月まで 最大32,768トークン
GPT-3.5 2022年11月30日 2022年1月まで 最大2,048トークン

学習データとは、GPTが認識している情報のこと。GPT-3.5とGPT-4は2022年1月時点での学習データが止まっています。最新バージョンのGPT-4oは2023年12月までです。

ChatGPTのトークンとは、ChatGPTとの対話に必要なAIモデルの単位のこと。最大トークンが大きい方が多くのやりとりが可能です。

ChatGPTは驚くべき速度で進化しています。これらバージョンの違いを踏まえて新しいバージョンを選び、正確かつ自然な文章を生成してもらうのが、賢い選択といえるでしょう。

日本語対応

数多あるAIライティングツールの中には海外製のものが多く、中には日本語対応していてもツールの表示言語が英語だったり、そもそも日本語に対応していなかったりするツールもあります。

日本語でのライティングを効率化するためには、日本語対応のプロンプトを搭載した、日本人が使いやすいツールを選びましょう。

プロンプトとは、AIに適切な答えを返してもらうために用意する指示や質問のことです。

テンプレ型

AIライティングツールとしても使えるChatGPTは、チャット型のツールです。

チャット型のAIツールでは、プロンプトを自分で考える必要があります。

AIを上手に使いこなすには、適切なプロンプトの作成が欠かせませんが、初心者にはなかなか難しいものです。

一方、このページで紹介しているツールは全てテンプレ型で、プログラム上でプロンプトが組まれています。手順に従ってキーワード等を指定していくだけで、用途ごとに適切なライティングを実施してくれるので、初心者の方でも簡単にアプローチできます。

特にAIライティングツール初心者は、テンプレ型のツールを選ぶことをおすすめします。

用途・目的

AIライティングツールといっても、ツールごとに特徴や強みが異なります。

ブログ記事やSEO、マーケティングなど、それぞれに特化したツールもあるので、自分の用途や目的に合ったものを選ぶことが大事です。

多機能なツールでも、一部の機能しか使わなければ費用対効果は低下してしまいます。

無料プランが用意されているサービスも多数あるので、自分の手で使い勝手を確認しながら、相性の良いツールを選ぶといいでしょう。

料金

AIライティングツールは無料から有料まで、かかる費用も異なります。

ライティングにかけられる限られた予算の範囲で、自分の求める記事作成をしっかりサポートしてくれるツールを見つけたいですね。

AIライティングツール利用でかかる費用は、おおよそ月額で数千円から1万円程度。

予算内で利用できるツールの無料プランからお試しをして、気に入ったら有料プランに切り替えるような使い方がおすすめです。

操作性

ツールの操作性は、サービスによって大きく異なるもの。

キーワードを入れて、後は表示されたパーツを順に選択していくだけのシンプルなツールもあれば、キーワードやペルソナを考慮しながら進めていくツールもあります。

自分の用途に合わせて、使いやすいツールを見極めるためには、複数のツールを実際に使ってみるのが一番です。

サポート

AIツールの使い方が分からない方にとって、サポートがあるかないかも大きなポイントとなるでしょう。

ツールを導入しても使い方が分からないようでは、ライティングの役に立つどころか手間ばかり増えてしまいます。

AIライティングツールのサポートは、使い方のサポートに限定したものから、ブログ運営やSEO対策に関するサポートまで、サービスやプランによっても異なります。

サポートが手厚くなれば費用もかかる傾向にあるため、自分にどのようなサポートが必要なのかを見極めて選びましょう。

AIツールの無料と有料の違いは?


AIツールには無料のものと有料のもの、有料ツールでも無料プランが用意されているサービスなど様々です。

無料と有料で違いがなければ、無料でも十分ですよね。

ですが、実際には大きな違いがあります。

無料AIツールと有料AIツールを比較

無料と有料にはどんな違いがあるか把握して、AIライティングツールを上手に選びましょう。

項目 無料ツール 有料ツール
メリット
  • 費用負担なし
  • 多機能・高精度
デメリット
  • 利用数や機能の制限あり
  • 精度が低め
  • 月額で費用負担あり
  • ツールによって機能性や精度が異なる

無料で利用できるということは、コストがそれほどかかっていないか、費用を運営会社が負担しているということです。

その分、利用範囲や性能も限られており、期待するようなライティングができないこともあるでしょう。

有料サービスで提供されている無料プランは、ツールの良さを知ってもらうために設けられており、性能的には完全無料のツールと比較して高い傾向にあります。

例えばブログ記事特化のAIライティングツール「ラクリン」では、無料プランも有料プランも、生成できる文字数が異なるだけで、機能的には全プラン同じとシンプルです。

ずっと無料で使えるプランでも、GPT-4 Turboによるライティングを体験できます。

無料ツールはこんな人におすすめ

無料のAIライティングツールがおすすめなのは、以下のような方です。

  • 費用負担なくライティングを効率化したい人
  • AIライティングツールを一度体験してみたい人
  • 高度な機能は使いこなせない人
  • 趣味の範囲で使いたい人

有料ツールはこんな人におすすめ

有料のAIライティングツールは、以下のような方におすすめです。

  • 継続的にクオリティの高いブログ記事を投稿していきたい
  • ブログのクオリティを最短で高めたい
  • 精度の高いライティングツールを導入したい
  • 効率よくSEO効果を高めたい

無料でも有料でも、自分に合うツールに出会うことができれば、ライティングを効率化して成果につなげられるでしょう。

AIライティングツールを利用するメリット


ツールを使わなくても、自分で分析したり競合調査したりして、コンテンツを生み出すことは十分に可能です。

AIライティングツールを使う場合、手作業でライティングするのと比較してメリットがなければ、使う意味がないですよね。

具体的にどんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

手間や時間を削減

AIライティングツールは、キーワードや検索意図に添って記事内容を生成してくれます。

土台となるものが何もない状態より、ベースとなるものがあったほうが、執筆も効率よく進められるでしょう。

AIライティングツールを使えば、手間を省き短時間で作業が進められます。

アイデアやネタ探しもできる

ブログ記事など積み上げていくと、次第にアイデアもネタも尽きてくることがあるでしょう。

アイデアやネタをAIに考えてもらえば、悩む必要がなくなり、コンテンツ作成に専念できます。

コストを削減

コンテンツづくりで成果を出していくには、記事本文の執筆はもちろん、タイトルや構成、冒頭文など様々な要素の作り込みが必要で、SEO対策も欠かせません。

限られた人数では作業量にも限界があります。人手が足りずに外注化すれば毎月コストがかかるのはもちろん、育成のための人材も必要でしょう。

AIライティングツールを導入すれば、進化したAIが次々とコンテンツを生成してくれるため、結果としてコストの節約にもつながります。

AIライティングツール利用時のデメリットと注意点


便利なAIツールにも、デメリットはあります。

AIはまだまだ発展途上。ChatGPTの進化には目を見張るものがありますが、100%ではありません。

AIライティングツールを上手に活用するためにも、デメリットを把握して対策も考えておきましょう。

コピペチェックや目視チェックが必要

AIに任せきりで全てのライティングが完了すればいいのですが、残念ながら最終確認には人間の手が必要です。

不自然な日本語になっていないか、タイトルに添った記事になっているか、読者の悩みを解消できているか、投稿前にしっかりと確認して、質の高い記事に仕上げましょう。

情報が古い場合がある

ツールに搭載されているChatGPTのバージョンにより、以下のように学習している情報が異なります。

バージョン 学習内容
GPT-3.5 2022年1月まで
GPT-4 2022年1月まで
GPT-4 Turbo 2023年12月まで
GPT-4o 2023年12月まで

それぞれ、学習データ以降の情報はもっていません。

例えば2022年4月に成年年齢が18歳に引き下げられニュースになりましたが、GPT-4とGPT-3.5搭載のAIはいずれもこの情報を学習しておらず、20歳から成年と認識しているわけです。

こうした情報が欠けていることで、生成した記事の信頼性が低くなる可能性があるでしょう。

バージョンごとの情報鮮度を理解した上で、執筆においては都度最新情報を確認する必要があります。

信ぴょう性の確認が必要

AIは時に嘘の情報をもっともらしく回答することがあります。

すぐに間違いだと気付けるような内容ならいいのですが、全く知見がない内容であればそのまま投稿してしまい、結果として信頼を失うリスクもあるわけです。

ChatGPTはどんどん進化して精度が高まっているとはいえ、思わぬところで間違った回答を返してくる可能性があります。信ぴょう性が重要視されるコンテンツでは、厳重な事実確認が必要だと覚えておきましょう。

プロンプト生成が難しい

OpenAIのChatGPTを使ったことがある方は、チャット入力欄でAIにどのような指示を出したでしょうか。

ブログ記事を1つ作成するだけでも、大量のプロンプト(AIへの質問や指示)が必要ですよね。

しかも、的確なプロンプトで指示しなければ、求める答えは返ってきません。

チャット形式のツールでは、AIをうまく使いこなせない方もいらっしゃるでしょう。

プロンプト作成における悩みを解消するためにも、このページで紹介したテンプレ型のAIライティングツールがおすすめなのです。

各ツールを使ってみて、テンプレ型ツールの良さを実感してください。

AIライティングツールを生かすコツ


AIライティングで効率良く記事を生成するためには、AIの特性を把握し、上手に付き合っていく必要があります。

上手に付き合っていくとはどういうことなのか、AIツールをライティングに生かすコツを、1つずつ見ていきましょう。

人の手で完成させる

GoogleはAIで生成したコンテンツを否定していませんが、AI生成のコンテンツをそのまま丸投げしたようなブログやサイトは、検索エンジンで弾かれる可能性があります。

Googleの「AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンス」には、「AI 生成によるコンテンツ作成を検討している方へのアドバイス」として、以下のように記載されています。

コンテンツの作成方法を問わず、Google 検索で成功を収めるには、E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツの制作を意識する必要があります。

引用:「AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンス」

重要なのは、誰が作ったかではなく、オリジナルで高品質な内容になっているか、ユーザーのためになる記事になっているか、ということです。

「E-E-A-T」とは、Googleが重視する4つの評価基準「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」のことです。

AIで記事を作成した後は、この点を人の目で確認して、ユーザーの求めるクオリティに仕上げましょう。

AIの癖や伝え方を把握する

AIには、多くの質問をまとめて投げると求める答えを得にくいなどの癖があります。

特にチャット型のツールでは、AIの扱いやコミュニケーション術をマスターしていないと上手く使いこなせないでしょう。

チャット型のツールに指示を出す際は、まとめてあれこれ指示を出すのではなく、段階ごとに数個ずつ情報を整理しながら問題をクリアしていくほうがうまくいきます。AIとのやりとりを繰り返すうちに、コツも掴めるようになるでしょう。

AIとタッグを組んでコンテンツの質を向上させる

AIには得意不得意があります。得意な部分はAIに任せて、不得意なところは人間がフォローしていけば、効率的に作業が進められます。

例えばAIの不自然な言い回しを人の手で直すだけでも、文章は格段に良くなるはずです。

AIライティングツールも、人の手でAIのメリットを最大限に生かせれば、コンテンツを最適化して質を高められるでしょう。

クオリティの高い記事を効率的に生成できれば、インターネット上でのオンライン集客にも役立ちます。

AIライティングツールについてよくある質問


AIライティングツールを利用するにあたって、よくある質問をまとめて解説します。

AIツールに関する疑問や不安を解消しておきましょう。

AIライティングでSEO対策できる?

ツール記事でも、タイトルや記事本文に適切なキーワードを入れたり、メタディスクリプション生成して設定したりと、SEO対策は十分に可能です。

Googleでも、「AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンス」で「重要なのは誰が作ったかではない」と明言しています。

AIライティングツールで効率的に良質なコンテンツを作成しつつ、SEO対策にも注力していきましょう。

無料ツールでもライティングに役立つ?

AIライティングツールには、無料のサービスも多数あります。

搭載しているChatGPTのバージョンにもよりますが、無料のツールでもアイデアやキーワードなど、自分では気付けなかった要素やヒントとして取り入れるのには十分に役立つでしょう。

AI記事で気をつけることは?

人工知能というと、人間より優秀であるといった印象がありますが、万能ではありません。

AIライティングツールが生成した記事を公開する際は、古い情報や間違った情報がないか、キーワードの検索意図に添った内容になっているかなど、しっかり自分の目で確認しましょう。

AI記事はSEOで不利?

「AI記事=SEOで不利」ということはありません。

精度の低いAIライティングツールで作った不十分なコンテンツをそのまま投稿すれば、SEOで不利になるのは当然です。これは人間が作成した記事でも同じです。

SEOで有利に働く記事を、AIライティングツールで効率よく生成していきましょう。

ChatGPTで作成したブログはSEOで上がる?稼ぐことは可能なのか?
ChatGPTでブログ記事を生成できたら時間の確保が難しい副業でも取り組みやすいですよね。とはいえChatGPTで生成したブログ記事でもSEOで上位表示させて稼ぐことはできるのか、不安や疑問もあるでしょう。ChatGPTの特徴・メリットから、SEO効果を上げるコツまで分かりやすく解説します。

AIライティングツールを味方につけて効率アップ


ブログやサイトで情報発信してビジネスを成功させるには、ターゲットの見極めや検索ニーズに添ったキーワードの選定、執筆と様々な作業の積み重ねが欠かせません。

多くの作業負担が発生するブログ運用を効率よく回していくためにも、AIライティングツールを活用するのがおすすめです。

AIは日々進化しており、いまやライティングにも欠かせない魅力的な存在になりつつあります。

自分の用途に合ったAIライティングツールを味方につけて、内容の充実した良質なコンテンツを効率的に積み上げていきましょう。

TOP