AIライティングツール

ChatGPTで作成したブログはSEOで上がる?稼ぐことは可能なのか?

ChatGPTで作成したブログはSEOで上がるか AIライティングツール

世界中で注目されているChatGPTで自身のブログ記事を生成できたら、副業でも取り組みやすいですよね。

ですが、記事生成をするほどに上手く使いこなせず、「ChatGPTで記事を作成するのは難しい」とか「AIで生成したような記事で検索上位を目指すのは現実的ではない」などと考えている方もいらっしゃるでしょう。

実際、ChatGPTで作成したブログはSEOで検索上位に上げられるのか、詳しく分かりやすく解説していきます。

ChatGPTを味方につけて、SEOに強いブログで収益化していきましょう。

ChatGPTで生成したブログはSEOで上位表示できる?


結論として、ChatGPTで生成したブログでも、SEOで検索上位を獲得できます。

AI記事でもSEOで上位表示できる理由から、実際に上位表示した事例、ペナルティのリスクまでまとめて見ていきましょう。

SEO対策で上がる可能性あり

人間が執筆した記事でも、ChatGPTが生成した記事でも、SEO対策が正しくできていれば上位表示は可能です。

Googleでも、「制作方法を問わず高品質のコンテンツを評価」として、以下のとおりアナウンスしています。

Google のランキング システムは、E-E-A-T(専門性、エクスペリエンス、権威性、信頼性)で表される品質を満たした、オリジナルかつ高品質のコンテンツを評価することを目的としています。

この詳細については、検索の仕組みで説明しています。コンテンツがどのように制作されたかではなく、その品質に重点を置く Google の姿勢は、信頼できる高品質な検索結果をユーザーに提供するうえで、長年にわたって有用な指針となってきました。

引用:Google「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」

Googleのランキングシステムでは、人間による執筆かAIによる生成かの違いには関係なく、重視するのはあくまでもコンテンツの品質だということです。

ChatGPTで作成したブログでも、ユーザーにとって有益な高品質のコンテンツを積み上げることができれば、検索上位の獲得が可能なのです。

検索エンジンで上位表示できれば、収益を上げることにもつながります。

AIのみで生成したブログ記事で検索上位を獲得した事例

AIライティングツールでコンテンツ生成し、一切の手を加えず実験的に公開したリアルな結果を紹介します。

生成したコンテンツの内容は、以下のとおりです。

項目 内容
狙ったキーワード 買ってはいけない アンプ
使用したAIライティングツール ラクリン(RakuRin)

「買ってはいけない アンプ」で上位表示を狙う記事を、ChatGPTを搭載したAIツール ラクリンで執筆しました。

なお、これから紹介する結果は、ラクリンでAI生成されたまま一切編集を行っていない記事での計測結果となります。

公開後の順位結果が下記のグラフです。検索順位チェックツール「GRC」で計測しました。

ラクリンで生成した記事の検索順位変動グラフ

グラフだと見づらい方もいるかと思いますので、テキストでも内容を残しておきます。

「買ってはいけない アンプ」のキーワードでラクリン(ChatGPT搭載)が生成したページの検索結果は、2023年10月16日時点で以下一覧の順位となりました。

検索エンジン 検索順位
Google検索(青いグラフ) 2位
Yahoo!検索(赤いグラフ) 2位
Bing検索(緑のブラフ) 1位

このように、AIツールのみで生成した記事でも、SEO効果を高めることができれば、十分に上位表示を狙えます。

AI記事で上位表示を狙うにはプロンプトが重要

AIツールでSEO効果の高いコンテンツを生み出すには、SEO効果を最大限に高める適切なプロンプト(AIへの指示や質問)が欠かせません。

ChatGPTはチャット型ツールであり、自身でのプロンプト生成が必須ですが、AIとSEO双方の深い知見をもっていなければ、SEO効果の高いコンテンツを生成するプロンプトを考えるだけでも難航するでしょう。

AIツールを使いこなす上で最も難しいのがプロンプトの生成です。

プロンプト生成に自信がない方は、今回の結果を出したChatGPTを搭載したAIライティングツール ラクリンを使ってみてください。

ラクリンは、SEO効果の高い記事を生成するように、あらかじめAIとSEOのプロが作成したプロンプトを組んでいますので、ユーザーはキーワードやタイトル等を指定していくだけで、検索上位を狙える記事を生成できるわけです。

シンプル機能で初心者ブロガーでも使いやすいラクリンには、無料プランもあります。最新バージョンGPT-4 Turboを搭載したツールの威力を体感してください。

AI記事=Googleのペナルティ対象ではない

「ChatGPTで生成したブログが上位表示できるとしても、Googleからのペナルティが怖い!」という方もいらっしゃるでしょう。

ですが、GoogleではAI記事を否定していません。

Googleの「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」のよくある質問を見てみましょう。以下は、「AI 生成コンテンツは Google 検索のガイドラインに抵触しますか?」の問いに対して記載されている回答です。

AI や自動化は、適切に使用している限りは Google のガイドラインの違反になりません。検索ランキングの操作を主な目的としてコンテンツ生成に使用すると、スパムに関するポリシーへの違反とみなされます。

引用:Google「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」

ChatGPTを上手に活用して良質な記事を生成すれば、ペナルティを受けるどころか、上位表示も十分に可能です。

ただし、検索ランキングを操作するためだけに生成した無益なコンテンツを投稿していれば、Googleのポリシー違反になる可能性があります。AIツールの悪用は厳禁です。

どのようなプロセスで生成されたとしても、誰の役にも立たないような低品質なコンテンツでは、検索上位どころか、圏外に飛ばされてしまうでしょう。

ChatGPTを含め、AIツールは上手に取り入れて、効率よく活用しましょう。

ChatGPTの特徴を理解しよう


ChatGPTで生成するブログでSEO効果を高めていくためには、最初にChatGPTの特徴を把握しておくことが大事です。

ブログ作成において、ChatGPTができること・できないことを理解しておきましょう。

ChatGPTの基本的な機能

ChatGPTには以下のような機能があり、テキストチャット形式で、人間対人間のような対話を実現してくれます。

機能 内容
言語理解 一般的な言語を理解し、幅広い応用ができる
対話型コミュニケーション 対話を通じてユーザーとコミュニケーションを行う
情報検索 学習データを基に情報を提供する
タスクへの適応 ユーザーが指定したタスクに柔軟に対応する
質問応答 ユーザーの質問に対して回答を生成する
文章生成 様々なトピックについて文章を作成する
文章要約 既存文章の要点を抽出して簡潔にまとめた文章を生成する
文章スタイルの変更 既存文章のスタイルやトーンを調整する
言語翻訳
  • 複数言語に対応する
  • 翻訳に対応する
コーディング支援
  • プログラミングやコーディングに関する質問への回答
  • コード生成
クリエイティブな用途 詩や物語などクリエイティブな文章やストーリーを生成する
文脈の理解 前回の対話での発言を記憶して個別で一貫性を保ちながら対話をする

ChatGPTがブログ記事作成でできること・得意なこと

ChatGPTの機能で、ブログ記事を生成する際にできること・得意なことは、以下のとおりです。

  • タイトル生成
  • 記事構成案生成
  • 記事生成
  • リライト
  • アイデア出し
  • 関連キーワード検索
  • 翻訳
  • 文章の校正

ブログ記事を生成する上で必要な機能は、ほとんど網羅しているといえるでしょう。

ChatGPTがブログ記事作成でできないこと・苦手なこと

ChatGPTは何にでも対応できるイメージがあるかもしれませんが、できないことや苦手とする作業もあります。

  • 最新情報の把握
  • 一次情報の生成(体験談など)
  • 長文の処理
  • 情報が少ない場合の対応
  • 医療や法律に関する専門用語
  • 感情や創造性のあるコンテンツ生成
  • 計算

ブログ記事生成は得意でも、学習しているデータが古かったり、意外なことに掛け算が不得意だったりします。

ChatGPTは完璧ではありませんので、不得手な面は人間がフォローしながら活用しましょう。

ブログ記事作成でChatGPTを利用するメリット


ChatGPTは様々な質問に対応してくれる、賢くて便利なツールです。

とはいえ、ブログ記事生成でChatGPTを利用することにどのようなメリットがあるのか、不安や疑問をおもちの方もいらっしゃるでしょう。詳しく見ていきましょう。

アイデアの幅が広がる

人間が記事を執筆する際は、最初に内容を把握する必要があり、時間もかかります。知らない用語は使うこともできませんし、記事のアイデアも浮かばないので、自分が学ぶしかありません。

ですが、ChatGPTは事前に膨大な学習データをもっています。

ChatGPTの力を借りれば、自分の知識量に関わらず、深い知見に基づいたコンテンツの生成が可能となるわけです。

作業効率化に役立つ

既に多くの知識をもつChatGPTを活用すれば、自分で知識を深めたり、知らない言葉を知るきっかけになったりするのに役立ち、結果として以下のような作業が格段に効率化されます。

  • キーワードを1つ1つ見つけていく
  • キーワードに合った魅力的なタイトルを考える
  • 検索ニーズに添った見出しで記事構成を考える
  • 関連ワードを入れながら執筆する
  • 分析結果を見ながらリライトする

時短でブログを構築できる

ブログを構築するには複数の記事が必要で、1つ1つ手作業で進めていくと膨大な時間がかかります。

なんとか1日1記事執筆できたとしても、1ヶ月で30記事です。副業でブログにチャレンジする方であれば、「1日1記事なんて無理!」という方も少なくないでしょう。

記事を作成するのは簡単なことではありませんが、少ない記事数ではなかなか成果を感じにくく、途中で挫折してしまう方も珍しくありません。

ChatGPTを活用すれば記事作成にかかる手間を大幅に省略できるので、時短でブログを構築できます。

作業の手間を省いて時短が叶えば、モチベーションも維持しやすいでしょう。

ブログ記事作成でChatGPTを利用する注意点と対処法


ブログ記事作成でChatGPTを利用するメリットは複数ありますが、デメリットや注意点もあります。

注意すべきポイントを把握していないと、ブログ全体のリスクにもなりかねません。デメリットもしっかり把握しておきましょう。

ChatGPTのバージョンにより情報の鮮度が異なる

ChatGPTはGPT3.5からリリースされ、執筆時点の最新バージョンはGPT-4 Turbo。

各バージョンのリリース日と学習データは、以下のとおりです。

バージョン リリース日 学習データ
GPT-4 Turbo 2023年11月6日 2023年4月まで
GPT-4 2023年3月14日 2022年1月まで
GPT-3.5 2022年11月30日 2022年1月まで

ChatGPTは学習データを基にプロンプトへの対応をしており、場合によっては古い情報が提供されることもあります。

例えば2022年1月以降に改正のあったサービスや法律などについて、古い情報を提供されることがあるわけです。

ChatGPT利用時は、最新情報や更新情報の確認を忘れずに行いましょう。

嘘の回答に注意

ChatGPTは優秀なAIツールであり、どの回答も正しく見えますが、時として誤った情報を提供することがあります。

例えば掛け算問題を入力すると、間違った答えを返してきます。

ChatGPTの計算間違い

「548,816×6,574」の計算問題に対して、ChatGPTは「3,608,589,984」と回答しました。

正解は「3,607,916,384」であり、ChatGPTが返した答えは間違っています。

計算に限らず、AIは間違った回答をあたかも事実のように返答することがあります。信頼性重視の記事コンテンツを生成する際は、十分に注意しましょう。

ChatGPTでSEOに強いブログ記事を作る3つのコツ


ChatGPTはブログ記事生成に役立ちますが、SEO効果を高めるためには、SEOの知識をもってChatGPTを使いこなすスキルも必要です。

スキルを磨くためのコツをマスターして、効率的にSEOに強いブログ記事を生成していきましょう。

ChatGPTの得意不得意を把握する

ChatGPTは、答えが何通りもあるような質問や指示への回答が得意です。例えば恋愛に関する相談をすれば、様々なアドバイスをしてもらえるでしょう。

一方、体験談等の一次情報や、タイムリーな話題を扱うのが苦手です。

例えば2023年12月時点で大きな話題となっている大谷翔平選手の移籍の話題は、最新のGPT-4 Turboでも学習データが2023年4月までですから対応できません。

こうした特性を把握した上で回答しやすいプロンプトを用意し、ChatGPTの能力を最大限に引き出しましょう。

幅広い情報を引き出すことができれば、コンテンツの深みも増していきます。

サポートとしてChatGPTを活用する

ChatGPTを使いこなすためには、適切なプロンプトを用意しなければなりません。

そのため、ブログ記事を生成する際はサポートして活用することから始めて、慣れながら創意工夫していくといった使い方がおすすめです。

使いこなすまでの時間が惜しい方は、ChatGPTを搭載したラクリンのようなAIライティングツールを使えば、格段に効率化できます。

AIライティングツールでも、最終段階では人間が確認して多少の手を入れる必要はありますが、ChatGPTのチャット形式で記事を生成していくのと比較すれば、格段に手間も時間も省けるでしょう。

情報の真偽を確認する

AIが生成したというと、情報も信頼できるものと捉えてしまいがちですが、いまのところ、ChatGPTは完璧な記事が書けるまでには至っていません。

内容によっては誤った情報で記事を生成してしまうことがあるため、情報の真偽を確認する癖をつけておきましょう。

誤った情報を提供するブログは信用されず、離脱率もアップしてしまいます。離脱率が高いとGoogleにもユーザーのためになっていない低品質のコンテンツだと判断され、検索上位を狙うのは難しくなるため注意が必要です。

AIの特性を把握して的確に人の手を入れていけば、SEO効果を高めて効率的にブログ記事を生成することは十分に可能です。

ChatGPTでSEOに強いブログを作ろう

  • 「ブログ記事を書く時間が確保ができない」
  • 「ライター人員が不足している」

など、ブログ構築における悩みは尽きないですよね。

そんな悩みを解消するのに活用したいのが、世界中で注目されているChatGPTです。

便利で作業を効率化してくれるChatGPTは、メリットも多いですが、使いこなすために一定の知識や技術が必要となるといったデメリットもあります。

チャット型のChatGPTが苦手な方は、ChatGPTを搭載したAIライティングツールを使うと、格段に作業を効率化できます。

AIライティングツールには、ツールの機能として記事執筆に最適なプロンプトをプログラムで組んでいますので、誰でも簡単にクオリティの高いコンテンツを生成可能です。

ライター向けのブログ記事特化型AIツール ラクリンは、最新バージョンのGPT-4 Turboを搭載。簡単かつシンプル操作で、SEO対策をしながら良質なコンテンツを生成できます。

クレジットカード登録不要で使える無料プランもあるので、早速試してみてください。

TOP